読書『ビブリア古書堂の事件手帖7』、『恋と巡礼』

本の感想。

『ビブリア古書堂の事件手帖7』三上 延

古書を巡るミステリー、ビブリア古書堂シリーズの最終巻です。

伏線の張り巡らし方が素晴らしかったです。

冒頭の老婦人のお客様が実は・・・とか、完全にノーマークでした。

また、お話のまとめ方も素晴らしかったです。

話を広げ過ぎて強引に終わる・・・的な小説もありますが、こちらはそういうことは全く無く。

お話の先行きが気になって、読むのを止めることができず、結局、深夜までかかって最後まで読み切りました。

あとがきを拝見したところ、7巻で完結、とは別にスピンオフもありそうです。

1冊読んで、次の巻までに期間が開いて・・・を繰り返して、一部記憶があやふやだったり、既出の人物に「この人誰だったっけ?」があったので、今度まとめて図書館から借りてきて読もうと思います。

『海街ダイアリー8 恋と巡礼』吉田 秋生

四姉妹の三女、チカちゃんにスポットが当たっています。

姉妹それぞれの恋も進展し、高校生になれば四女のすずは静岡へ・・・なんかもうすぐ終わってしまいそうな予感が・・・(汗)。

印象的だった次女佳乃のセリフ。

亡くなった祖母の口ぐせなんです。

人づきあいでもなんでもしっくりくるものは

きっとご縁があったから

そうでないものは

気に入らないと思わず

ご縁がなかったと思いなさいって

『海街ダイアリー8 恋と巡礼』より

素敵な考え方だなと思います。

しっくりこない人、モノは相手(もしくはモノ)が悪いのではなく、ご縁がなかっただけ、と思えば、変に「自分の悪かったところ」や「相手の悪かったところ」を探さなくても済みます。

ただ、「ご縁がなかった」と思えれば、心穏やかに過ごすことができそうです。

2冊の共通点は「舞台が鎌倉」ということ。

私、鎌倉が大好きです。

本日もお読みいただきありがとうございます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク