「良いものを長く使う」に憧れすぎて財布選びで失敗

「いいものを長く使う」というのにずっと憧れてきました。

「素敵!自分も!」と意気込むも、失敗。

以下失敗の記録です。

WILDSWANSのWAVE

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ、失敗したのか

長く使うことだけを重視し過ぎた

調べに調べた結果、本当に長持ちするお財布を手に入れました。

実際、超超超丈夫。

5年ほど使用して、ほつれ一つなく型崩れもなく、濃い色(マリンという名称の濃紺)を選んだせいか革の経年劣化もほとんど全くと言ってよいほどありませんでした。

期待通り、いや、期待以上の丈夫さ。

素晴らしいお財布でした。

実際、使い勝手も普通で傷みもほとんどない・・・あと10年くらい余裕で使えそうと思った時に、本音が、心の奥底から湧き出しました。

  • もっともっと薄さに特化した財布が使いたい(使ううちに薄くなる予定だったのですが、バッグで保管していたためか、厚みが買った時とほぼ、変わりませんでした*およそ4㎝くらい)

  • もっと軽い財布が使いたい(長財布としては普通の重さなんですが、WAVEの重さは220g、少し重く感じていました)

ちょうど通勤時の荷物の重さが気になってきた頃でした。

荷物の軽量化を図る際、お財布の重みが気になるように。

あと10年は使えるお財布。

でも、もっと軽い財布が欲しくなってしまいました。

「良いものを長く使う」をちょっと高いものを買う便利な言い訳として使っていた。

もう、なんというか、調べるうちに気持ちが盛り上がって、とにかく使ってみたくなってしまいました。

各方面から大絶賛されているお財布。

でも高い・・・大分高い(ハイブランドのお財布に比べると控えめな価格設定でしたが、私にとっては高かった)。

長く使うんだから、いいよね?なんて言い訳して、お値段その他もろもろに目を瞑りました。

安かろう悪かろうの反対で「高いものは無条件にいいに決まってる」という思い込みがあった

お高いお値段にかける信頼と言いましょうか。

「高いものは良い」信仰が私にはありました。

「迷ったら高い方買っておけ!」的な。

今現在も完全に抜けきってはいません。

ですが「品質とお値段が完全に比例するわけじゃない」ということがここ数年で分かってきました(※例えば、お財布で言えば、銀座の一等地にお店を構えファッション誌に毎月広告を出すようなハイブランドなら物それ自体の材料費以外の経費が掛かっていて、それが商品の値段に乗ってくることであるとか)。

物の品質については、自分なりに勉強をして、自分の目で自分に必要な程度のスペックを備えたものを購入すればいいという考えに変わってきました。

今後は、あまりにもな長期使用を目指さない

5年使ったWILDSWANSのWAVEを手放しました(宅配買取ブランディアで32,000円という高値で買い取っていただきました。最後まですばらしいお財布でした。)

その後、HIRAMEKIのモリスシリーズのL字ファスナー財布を購入。

厚みも重さも前の財布の半分程度、価格に至っては4分の1程度になりました。

そこそこのお値段、厚み1.5cm、重さは125g(←家で計量)。

今求めていたのはこれでした。

HIRAMEKIのモリスL字ファスナー財布。薄い!

「長く使う」に憧れていましたが、お財布の失敗で気づいたことは、物に求める条件はライフスタイルの変化によって変わるということ。

今後は超長期に使おうと意気込み過ぎず、向こう5年くらいの使用を目途に、その時々で自分の生活にあったものを手に入れようと考えています。

本日もお読みいただきありがとうございます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。