断捨離イコール捨てることじゃない。

断捨離=「とにかく捨てること」というイメージがあります。

「断捨離した」=「捨てた」のような。

ですが実際の意味は

断:入ってくるいらない物を断つ

捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。

離:物への執着から離れる。

として不要な物を断ち、捨てることで、物への執着から離れ、自身で作り出している重荷からの解放を図り、身軽で快適な生活と人生を手に入れることが目的である。ヨーガの行法が元になっている為、単なる片付けとは一線を引く。

Wikipedia 断捨離 より

上記のようにただ捨てることに特化しているわけではありません。

個人的には「捨」よりも「断」の考え方が大変参考になり、コンビニのお箸とか無料の眼鏡ケース、特典のおまけ等、惰性で物をもらうことが無くなりました。

断捨離の「断」を大切にする。
「断捨離」の「断」に着目し、不要なモノを手放した後は今持っているモノを大切にしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

断捨離ブームは新たに物を購入させるためのムーブメント?

断捨離ブームはいったんモノを捨てさせて、新たに同じだけ買わせるために仕掛けられているという話もよく聞きます。

不要な物だけ、よく考えて手放すこと。

何も考えず片っ端から捨ててしまうと、必要な物まで捨ててしまいます。

捨てたその場はすっきりしても、生活が立ち行かなくなり、また新たに買う、また捨てるの無限ループになります。

これが「断捨離ブームは新たに買わせるための戦略」と言われるゆえんではないかと考えます。

極論を言えば、不要なものが全く無いなら、何も捨てなくていいと思います。

減らすことを目的にしない。
モノを手放す際、モノを減らすこと自体を目的としないように気を付けています。目的はあくまでも快適に暮らすこと。快適になるかどうかで「持つこと」「手放すこと」を決めています。

考えて捨てればデータが残ります

不要になった物を捨てるとき「なぜ捨てるのか、何が自分と合わなかったのか」を考えれば、不要になった物に使ったお金は「無駄金」から「勉強代」に変わります。

例えば、服であれば「この袖は合わなかった」「この着丈の服は手持ちの物に合わなかった」などのデータが自分の中に知識としてのこり、次回の失敗を防ぐことができます。

実際、減らした分だけ新たにモノを買っているか?

結論から言うと「買ってない」です。

もちろん、多少の増減はありますが、減らす前と同量の服を持ちたいとはもう思えません。

生活スタイルが変われば、また必要な物も出てくるかとは思いますが、今の状況では減らした残りの持ち物で充分生活が回ります。

大事なことは「本当にいらないモノだけを手放す」ということ。

必要なものを手放すと「やっぱりいる→買い直し」になるのでお金と資源と時間の無駄です。

いらないモノだけを手放すと買い直しもないし、すっきりするのでリバウンドはありません。


新・片づけ術断捨離 [ やましたひでこ ]

本日もお読みいただきありがとうございます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする