格安SIMのイオンモバイルを使って1年。感想メリット・デメリット。

昨年、ガラケーからスマホへ替えるのを機に、auからイオンモバイルに乗り換えました。

それまでauでは「メール使い放題」のプランで月額使用料がだいたい1,600円くらい。

そこからスマホに替えたら料金が倍じゃきかないくらいに跳ね上がることになったので、やむなく格安SIMを利用することにしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

イオンモバイルを選んだ理由

料金が安い

一番はこれ。

音声通話付きの1GBプランが1,280円(税抜き)でした。

ネットの閲覧は主に家のノートパソコンを使うので、基本スマホではLINEとメールとちょっとした調べもの、フリマアプリを使うくらい。

しかも、使わない分が繰り越しできるので、ほぼ毎月、前月から繰り越された1GB使い、当月分を翌月に繰り越し、上限2GBまで使える状態。これで充分です。

ちなみに、一番人気は4GBの1,580円のプランらしいです。

店舗で開通してもらえる&何かあったら店舗で対応してもらえる

これも良いと思った点。

大手から格安SIMへの変更は大概SIMを送ってもらって自分で設定するまで電話を使えない期間が発生します。

店頭で切り替えてもらえば、この使えない期間が店頭で待つ間だけになります。

また、イオンの店頭(イオンモバイルのカウンターがある店舗のみ)でプラン変更や携帯に関する相談もできるので、そこも魅力に感じました。

解約手数料がない(〇年縛りがない)

解約手数料や〇年縛りがありません。

auを使っている時には2年縛りがあり、使っていたガラケーの通話機能が壊れ気味だったにもかかわらず、スマホに変えるのにタイミングをはかる必要がありました。

そういう縛りが無いのは魅力的。

ただ、一つだけ注意したいのが、イオンモバイルと契約後180日以内に他のキャリアへMNP転出しようとすると転出手数料が8,000円かかります。

180日を過ぎれば、一般的な転出料の3,000円になります。

半年以内に他のキャリアへ変えようとすると高めのMNP転出手数料を払うことになります。

機種の保証が手厚い

月額350~450円(機種による)払えば故障の際にまるっと新品に交換してもらえる「イオンスマホ安心保証」というサービスがあります。

比較的お安い値段で手厚い保証だな~と感じました。

結局悩んだ末にこの保証には入らなかったのですが、この価格で過失であっても交換の対象になるサポートは魅力でした。

私が感じたイオンモバイルのデメリット

選べる機種が少ない

気になった残念な点は、選べる機種が少ないこと。

現在SH-M02というシャープのアンドロイド端末を使っており、何年後かには後継機を使おうと思っていたのですが、現在シャープの最新機種はイオンモバイルには入ってきていません。

その点で言うと、楽天モバイルは機種が豊富。

次に端末を変えるのは数年先だと思うのですが、そのときに選べる対象があまりにも少なかったら、楽天に乗り換えるかもしれません。

キャリアメールが使えない

格安SIMにするとキャリアメール(auならば○○@ezweb.ne.jp)が使えなくなります。

かわりに無料のGmail(グーグルのメールサービス)を使うのですが、これがパソコンメールと同じ扱いになるのでdocomoのメール設定で「PCメール受信OK」の設定になっていないとはじかれてしまいます。

※docomo以外には普通に送れます。

変更後に気づいたのでdocomoの人にショートメールで連絡を取る羽目になり大変でした。

まとめ

以上、イオンモバイルを一年使っての感想でした。

取扱端末が少ない以外はおおむね満足です。

本日もお読みいただきありがとうございます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする