化粧水に桃の葉ローションを使っています。肌荒れとクレンジングの関係、私の場合。

現在、洗顔後のスキンケアは桃の葉ローション1本です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1歳の娘用に買った桃の葉ローションを自分でも使ってみた

もともとは娘の汗疹対策&お風呂上りの保湿用として購入しました。

我が家で使っている桃の葉ローションはpigeonのもの。

とろっとしたテクスチャーで塗りやすく、乾くとさらっさらになります。

効果・効能

○あせも・しもやけ・ひび・あかぎれ・にきびを防ぐ ○肌あれ・あれ性 ○油性肌 ○肌をひきしめる ○肌を清浄にする ○皮フをすこやかに保つ ○皮フにうるおいを与える ○肌を整える

pigeon HPより引用

効能・効果を見て、これは大人にもいけるのでは・・・と思い、自分の化粧水が尽きたタイミングで使ってみました。

これが、さらりとした使い心地で快適!!

赤ちゃん用だけあって、肌に刺激もありません。

昔はデパートコスメで年間20万円ほど使っていた

新卒から25歳くらいまで、スキンケア用品一式をデパートで揃えていました。

スキンケア用品だけで年間購入額のステージが1つ上がってたくらい。

150mlの化粧水が3,000円~4,000円とか美容液1本が5,000円とか・・・それでいて肌の調子が劇的に変わるということもなく(遠い目)。

結構肌荒れがあり、それをどうにか直したくて色んなデパートコスメを試しました。

色々使って分かったことは、高いのも安いのも肌に劇的な変化はもたらさないってことでしょうか(化粧水や美容液に関しては)。

「あのお金を貯金しておけば」と思うこともありますが、当時の化粧品カウンターのお姉さんから教わった大変有益なことも未だに記憶に残っているので、完全なる無駄なお金ではなかったかと。

特に「クレンジングは大切。オイルクレンジングは止めておけ」という教え、本当に助かりました。

肌荒れとクレンジングの関係

新卒で入った会社で半年ほど経ったころ、原因不明のニキビが突如顔全体にできてしまいました。

結局、主な原因はストレスで、転職をしたら治ってきたのですが、それでも、少しの肌荒れ症状はしつこく残っていて、鏡を見るたび落ち込んでいました。

そんな時にある化粧品カウンターで、「これはクレンジングを変えれば治りますよ」と力強く言ってくれたお姉さん、この言葉に本当に助けられました。

原因不明のニキビがオイルクレンジングを止めた途端に徐々に治りました。

オイルクレンジングは洗浄力が強く乾燥を招くため、肌への刺激が強く、乾燥によって肌が更なる皮脂を出してしまい良くないそうです。

(※あくまで私の場合です。)

当時カウンターでお勧めされたカシー化粧品のクレンジングを使っていました。

リポルテのクレンジングクリームとワイプエマルジョンの2種類。

クレンジングクリームを馴染ませ、いったんふき取り、その上からワイプエマルジョンを馴染ませふき取り、洗い流すというクレンジング。

お高い&2段階のクレンジングが少々めんどくさいという観点から、ニキビが収まってからは使っていませんが、お世話になりました。

同メーカーのこちらの化粧水、炎症を抑える効果があるらしく、ニキビがあった時には同じくお世話になりました。

現在はオルビスのクレンジングリキッド(オイルカットで肌に優しい)を使っています。

見た目や使い方はクレンジングオイルと同じ感じなんですが、現在肌荒れとは無縁になりました。

夏にぴったり。冬はちょっと保湿力が足りないかも。

ご紹介したpigeonの桃の葉ローション、塗って乾いた後はさらりとして夏にぴったりなのですが、冬はこれだと厳しいかもと感じました。

もし、冬に使うならば、このローションにプラスしてクリーム等が必要かもしれません。

本日もお読みいただきありがとうございます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする