ユニクロの白シャツ買い替えを検討中。しわのつかないシャツか、洗いざらしで着れるシャツか。


画像は買い替えを検討中のユニクロ白シャツ(右側)です。
プレーンな形で、ピンタックがあり、好きなタイプなんですが、いかんせんシワがスゴイ

寄ってみるとさらにシワが目立ちます。

左側のブルーストライプシャツはまったくシワはありません。

どちらも、洗って干したそのまま。

そしてどちらも同じメーカーの商品(ユニクロ)です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シワのつかないシャツが欲しい

画像左側のブルーストライプシャツは手入れがものすごく簡単。

洗って干すだけでシワ無しの仕上がりです。

同じメーカー商品だというのに、この違いはなぜ?

似たような雰囲気の生地なのに。

とりあえず素材を調べてみました

シワのつかないブルーストライプシャツの生地は

・ポリエステル 30%

・綿 68%

・ポリウレタン 2%

対して、シワシワの白シャツの生地は

・ポリエステル 62%

・綿 34%

・ポリウレタン 4%

ほぼ、綿とポリエステルの分量が逆でした。

意外・・・ポリエステル多めの方がシワになりにくいと思っていました。

シワがつきにくいと謳っているいる商品を買うか・・・

画像引用元 ユニクロHP

メーカーの方で「シワがつきにくい」と謳っているシャツを買うのも手。
言わずと知れたレーヨンエアリーブラウスです。

別の形のレーヨンエアリーブラウスを持っているので、シワのつきにくさは折り紙付き。

ただ、透け感等ちょっと気になることもあり・・・保留中。

今の手持ちの物と似た感じでコットン多めの物もあり

画像引用元 ユニクロHP

手持ちの物と似た雰囲気で、コットン多め(コットンの割合73%)のシャツです。

手持ちのブルーストライプのシワがつかないシャツと生地の組成が似ているので、これならいけそうな気がします。

ただ、実際どうかは買って洗濯するまでわかりません。

洗いざらしで着れそうなモノにするか

商品説明を読むと、新品の時点で製品に洗いがかけてあり、ナチュラルな雰囲気。
洗いざらしで着れそうな気がします。

実は・・・

一度、白シャツの買い替えに失敗しています。

ユニクロ×イネスのスタンドカラーのピンタックシャツ(綿100%)を購入したのですが、生地の薄さが気になって、結局半年ほどでメルカリへ。

今度こそ失敗しないよう、落ち着いて100%の白シャツを探したいと思います。

※100%のモノとは↓

「100%の女の子」みたいな物に出会ったら即断で買う。
村上春樹の短編『4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて』に出てくる「100%の女の子」のようなモノに出会ったら、即断即決で購入するようにしています。また、そこまでいかないモノに出会った時の私の対処法について。
本日もお読みいただきありがとうございます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする