食べこぼし染みやふきんの漂白には粉末の酸素系漂白剤と熱湯。

我が家の強い味方、粉末の酸素系漂白剤です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

食べこぼしの染みの対処法(我が家の場合)

まず、液体の酸素系漂白剤を使います。

1歳の娘がいる我が家、食べこぼし染みは日常茶飯事です。

とりあえず、染みのあるところにポイントでこれを塗り、洗濯機で洗濯します。
大抵はこの処置で大丈夫。

ただ、これでも落ちない場合もあり。

そういう困った時に活躍するのが冒頭の粉末酸素系漂白剤です。

粉末酸素系漂白剤を使った染みの抜き方

洗面器に染みのついた衣服を入れ、粉末酸素系漂白剤を大さじ2杯ほど上からふりかけます。

そこへ洗面器一杯分の熱湯を注ぎ、浸け置き→洗濯機で洗濯します。

これで、大抵の染みは消えます。

※熱に弱い化学繊維の製品や動物性の繊維(ウールやシルクなど)にはお勧めできません。

綿・麻などの素材に向いた染み抜き法です。

ふきんやタオルも同様の方法できれいになります。

黄ばみかけたふきんやタオルも、この方法で真っ白になります。

同時に除菌もできるので、お勧めです。

以上、我が家の染み抜き法でした。

本日もお読みいただきありがとうございます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする