素敵な靴を諦めきれず注文。返品費用は往復送料だけじゃない。

画像引用元 Amazon 公式サイト

先日バレエシューズを探し中という記事を書きました。

バレエシューズの買い替え、どこのにする?
手持ちのバレエシューズが限界を迎えており、新調のため、候補を模索中です。

久しぶりにネットで色々な靴を見ましたが、その中で、ものすごく惹かれる靴を発見。

冒頭画像のショセという日本のメーカーの5cmヒールパンプスです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ひと目惚れしてしまった

本当に久しぶりにすごく、ものすご~く欲しいと思った靴で。

返品交換無料のお店で注文すべきところ、そういうお店ではもうこの靴の私のサイズは売り切れになっていて、でも、どうしても試着してみたくて・・・悩んだ末に1点だけ在庫があった個人経営の靴屋さんのホームページで注文をしました。

で、到着→試着、結果合いませんでしたorz

足の長さ(サイズ)は合っているのですが、やっぱり横幅(ワイズ)キツイ。

試着時点でサイドの圧迫感があります。

かかとのホールド感は抜群で、パンプスだけど歩いていて靴がすっぽ抜けることもなさそう。

つやつやと輝く革のソールにうっとりとしたのですが、やっぱり5cmとはいえヒール厳しい。

もう何度もやっている「ヒール靴欲しい」→「5cmならいけるんじゃ?」→「5cmでもつらい、手放そう」→冒頭の「ヒール靴欲しい」に戻る、のループ。

お前の記憶力はどうなっているんだ?と小一時間問い詰めたい気持ちでいっぱいです。

外出で1日履いたら辛くなりそうな予感がプンプンしてきます。

以前に5cmヒールの靴を持っていたのですが、法事で履いて足が痛くなりすぎて大変でした。

長く履けば革が馴染むかな、とも思うのですが、馴染まなかった時が地獄。

分かっていたのだけど、見た目が好み過ぎて、一縷の望みをかけて取り寄せてしまいました。

返品にかかる費用

見た目に惚れすぎて注文した靴、普段の靴予算の1.5~2倍近いお値段です。

注文する際もちょっと手が震えました。

もしかしたら馴染むかも~で手元に置いとく訳にはいかず、返品の連絡を店舗にしました。

店舗からメールでご連絡をいただき、返品の際にかかる費用を確認したんですが、

・往復の送料

・カード決済の手数料(製品価格の5%)

・私の口座に返金する際の手数料

往復の送料は覚悟していたのですが、上記経費の中でも特に盲点だったのがカード決済の手数料でしょうか。

製品価格が税込み37,800円だったので、5%は1,890円!!高っ!!

往復送料で1,628円(先方から756円、私から先方へ872円)、振込手数料は540円で合計4,058円かかりました。

合皮の安いパンプスが買えそうなお値段です・・・(涙)。

どうしても実物を見てみたかったので後悔は無し

どうしても現物を見て、試着して必要かどうか判断したかった物なので、試着できてよかったとも思います。

多分、試着をしていなかったら「もしかしたら、ものすごく足に合ったかもしれない・・・」とずっと後悔したと思います。

実際、試着して足に合わず諦めがつきました。

靴の返品は初めてなんですが、思いのほか返品料がかかることがわかりました。

その点で考えるとロコンドはありがたい。

今度気になるバレエシューズをロコンドで注文してみようと思います。

私は幅広足なのでダメでしたが、とっても素敵な靴です。

本日もお読みいただきありがとうございます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする