「ボーイフレンドって素敵よね。いるあいだはたのしいし、いなくなると気持ちいい」こんな風に物と付き合いたい。

タイトルのセリフは小説『流しのしたの骨』江國香織 著より。

主人公の友人(クリーニング屋の娘)が彼氏と別れたことを話した時に言ったセリフです。

「どうして別れちゃったの?」

たいして興味もないまま私は訊いた。

「わからない」

クリーニング屋の娘は正直にこたえる。

「わからないけど、あのひとは私の運命のひとじゃないもの」

それだけははっきししているの、と言ってころころと笑う。別れたことのダメージというのは全然ないようなのだった。

「ボーイフレンドって素敵よね。いるあいだはたのしいし、いなくなると気持ちいい」

クリーニング屋の娘は邪気なく言ってのける。

「誰かいい男の子がいたら、今度はこと子が紹介してね」

私はクリーニング屋の娘を見直した。しま子ちゃんもこのくらい平らかな心を持っていればいいのに。

初めてこの小説を読んだのは高校生くらいのときでしょうか・・・このクリーニング屋の娘のセリフ、衝撃的で忘れがたく、印象に残っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんな風に物と付き合いたい

拒絶するわけでもなく、執着し過ぎるわけでもなく、一緒にいる間は愉しみ、去っていくときには「ああ、さっぱりした」とほほ笑む余裕。

物と付き合う上でこんなスタンスでいければな~と常々思っています。

以前は、本当に物への執着がすごくて、メンズでしか作られていないカラーの服を自分が着られないのに諦められなくて、夫に着てもらったり↓

夫の無印ボーダー、モノへの執着が異常だった頃。
無印のボーダーカットソーに一目惚れしたのですが、欲しいカラーはメンズのみのつくりでした。諦めることができず、夫用に購入し、プレゼントしました。欲しい物が手に入らない時、どうにも諦めることができなかった過去のことを記事にしています。

どうかしてるぜ!!(ブラマヨ吉田さん風)

心掛けるようにしていること

・ネット通販の注文欄に「在庫残りわずか」とあっても動揺しない。

・「無くなったならご縁が無かった」と思うようにする。

・定番とちょこっと色や柄が違うだけの限定品に目の色を変えない。

・もう絶対着ない服を「もったいなから」と、とっておかない。

上記箇条書き、なかなか完璧に実行するのは難しいのですが、少しずつでも執着を手放していきたい。

「断捨離」で言うなら「離」の部分ですね。

断と捨はけっこうできてきたような気がするのですが、離は難しい。

小説のクリーニング屋の娘のように軽やかに楽しく、執着せず、物とお付き合いしたいと切に思っています。

「流しのしたの骨」はタイトルだけ見ると、サスペンス調ですが、内容はサスペンス要素ゼロ。

ある家族の日常を描いた物語です。

本日もお読みいただきありがとうございます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする