メルカリで不用品を売却してみた


以前から興味を持っていたフリマアプリのメルカリ、今回初めて利用してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メルカリとは

その名の通り、フリーマーケットのように自分で値段をつけて物を販売することができるアプリです。

値引き交渉などもあり、本当にフリマ気分でした。

メルカリ出品の手順

アプリをダウンロードし、出品したいものを撮影、説明書きと値付けをして完了でした。

出品の時点では出品料などは一切かからない(買取成立した際に売り上げの10%の手数料がかかる)仕組みなので、軽い気持ちで出品できます。

また、買取になっていなければ、いつでも出品を取りやめることができます。

リサイクルショップで買取対象になるか難しい伝統工芸品の財布を出品してみた

見た目に一目惚れして購入したけれど、お札入れと小銭入れを二つ持たなければならない、伝統工芸品のお財布を出品してみました。

結果、リサイクルショップではつかないであろう高額価格で売却できました。

発送作業もかんたんだった

「らくらくメルカリ便」というのがあり、梱包してコンビニに持ち込めば宛名書きも不要、こちらの住所も相手にわからないという、お互い個人情報を伏せた取引ができるシステムを利用しました。

商品を緩衝材の袋で密封、それをA4の封筒に入れてコンビニに持ち込み、スマホのQRコードをファミポートにかざして発券→レジの人に手渡して終了。

はい、初めてでしたが、スムーズに発送作業完了です。

最後に売り上げがポイントとして入るので、ポイントを現金化(指定の振込先に振り込む手続き)して完全に終了。

拍子抜けするほど簡単。

リサイクルショップで買取が難しい(もしくはあまり良いお値段がつかない)ものを出品するのに良いと感じた

断捨離をしていて感じたのは「ハイブランドの手放しやすさ&リセールバリューの高さ」でした。

10年以上前に購入したPRADAのキーホルダーが宅配買取で高額で買取された事実に驚愕。

ハイブランドに普段感じるのは購入時の値段の高さ、デザインのかわいさなど、手に入れるとき、所有しているときのメリットなのですが、実際、手放すときに簡単に(高値で)買い取ってもらえるのはかなり重大なメリットと感じました。

現在、私の持ち物はハイブランドのものではありません。

どんなに短期使用でも、きれいな見た目を保っていても、リサイクルショップでは二束三文or買取不可になる可能性が高いです。

ミニマリストさんによっては「漢らしく廃棄」という方も多い(その姿にシビれるっ)のですが、私は、まだきれいなものをゴミとして捨てるのが難しく、できれば廃棄以外の方向で手放したいと・・・未練たらたらでお恥ずかしい。

リサイクルショップで買取不可だったもの、メルカリに出してみるのも一つの手だと思います。

本日もお読みいただきありがとうございます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。