本の感想。『3月のライオン』13巻

『3月のライオン』13巻の感想です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

林田先生の恋が加速

前の巻の終わりから、島田さんの登場によって林田先生の恋が加速しています。

コマ引用 3月のライオン13巻より

「これ完全にアカンやつだ」としっかりと自分の恋を自覚しています。

あかりお姉ちゃんはどちらとくっつくんでしょうか?

目が離せません!!

今のところどっちが一歩リードということも無いようなんですが。

両親の関係から恋に憶病になってしまったあかりおねいちゃん

コマ引用元 3月のライオン 13巻

私もあの時、母の目を通して「人を好きになる」という

一生分の恐怖を味わってしまったのだと思う

『3月のライオン』13巻より

対して、あかりお姉ちゃんはクズ父(「妻子捨て男」の異名を持つ)の影響で恋愛に対して恐怖心があるようで。

若い娘さんなのに、働きづめで、すっかり一家の大黒柱なあかりお姉ちゃん。

どちらとくっついてもいいから、とにかく幸せになってほしいです。

自分の事は後回しになりがちでもあり・・・

とても働き者のあかりお姉ちゃん、おじいちゃんも心配しています↓

あかり、おめぇ、何も言わんで涼しい顔でがんばって、やってのけちまったら、みんな気が付けんぞ?

「言って来ないから、まぁ大丈夫なんだろう」って、他人は簡単に思っちまうからな。

体壊してからじゃ遅いんだぞ!?

孫が倒れてから「すまなかった~こんな無理をさせてたなんて~」とか言う、

そんなマヌケじじいにじーちゃんをさせないでくれ!!

『3月のライオン』13巻より

これは、おじいちゃんの言う通り。

「言って来ないから、まぁ大丈夫なんだろう」って思われてしまうのは無理する人のあるあるパターンです。

二階堂の体調が気になる

コマ引用元 3月のライオン 13巻

二階堂のモデルは村山聖九段と言われています。

村山聖九段は腎臓の難病を抱えながらA級棋士として活躍し、29歳の若さで亡くなった方。

二階堂の体調に何かあるたびにこちらは動悸が止まりません。

今回も対局中に倒れる二階堂。心臓に悪いよっ(涙目)!!

どうか、最終巻まで、二階堂には健在であってほしいと切に願っています。

まとめ

そんなこんなな13巻でした。

巻末では香子にも心境の変化が見られ・・・ますます次巻が楽しみになる13巻でした。

本日もお読みいただきありがとうございます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする