我が家の紅茶は美味しくお得なルピシア・ボンマルシェ

カフェオレボウルに入った熱い紅茶は、果歩の胃にも中野の胃にも、おなじくらい効果的に流れこんだ。

お茶は人を元気にする、と、果歩は信じている。

江國香織 著『ホリーガーデン』より

冒頭画像は我が家の紅茶缶です。

赤いトワイニングの方には日東紅茶、金色のフォションの方にはルピシア(ルピシア・ボンマルシェ)のお茶が入っています。

普段は日東紅茶小さじ2+ルピシア小さじ2分の1でお茶を淹れています。

ちなみに我が家の日東紅茶はこちら。トワイニングスのイングリッシュブレックファーストより好みの味でした↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ルピシア・ボンマルシェとは

お茶の専門店ルピシアが立ち上げたブランド「ルピシア・ボンマルシェ」では、「もったいない」をコンセプトに、さまざまな理由により捨てられてしまう在庫を買い取り、お買い得理由を表示して販売しています。

ルピシア・ボンマルシェ HPより

お茶の専門店、ルピシアの経営する食料品店です。

雰囲気的にはサン・クゼールやカルディに近いでしょうか。

在庫過多であったり、季節限定商品(クリスマス限定パッケージなど)の残った物などが集められ、お買い得価格で販売されています。

ルピシア・ボンマルシェ限定の紅茶がおいしい

ルピシアのお店の訳あり商品だけでなく、ルピシア・ボンマルシェ限定のお茶もあります。

「スペシャルアフタヌーンティー」という紅茶、普通のルピシアの店舗で販売されている「アフタヌーンティー」ともまた違って、とても美味しかったです。

ボンマルシェは時々行くアウトレット内にショップがあるので、アウトレットのついでに寄って購入しています。

クリスマス限定商品が1月に買えたりする

1月に友人と行った際には、友人のお嬢さんがとても気に入っていたルピシアのクリスマス限定のお茶が販売されていたようで、「娘が喜ぶわ~」といくつか購入していました。

「限定のお茶、おいしかった!もう少し買っておけばよかった~」という方、そのシーズンのちょっと後にボンマルシェの店舗へ行くとお買い得価格で購入することができるかもしれません。

そこまで賞味期限が差し迫ってない

「賞味期限が近いため」という理由を聞くと、期限内に消費できず結局無駄にしちゃう?とも心配になるのですが、私が購入した紅茶類はそこまで賞味期限近くなかったです。

だいたい4か月~半年くらい。

個人的には買ったお茶はそのシーズンで飲んでしまうので、このくらいの賞味期限があれば私はまったく問題ありませんでした。

お得においしいものを試してみたい方にお勧め

紅茶以外にもお菓子やレトルトなど、色んな商品があります。

ちょっとお高めの食品やお茶をお得な価格でお試ししてみたいという方にお勧めのお店です。

本日もお読みいただきありがとうございます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする