本の感想『大奥』15巻 よしながふみ

本の感想。大奥15巻です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

漫画『大奥』について

実写映画化(八代将軍吉宗を柴咲コウさん、五代将軍綱吉を菅野美穂さん)もされている有名な作品です。

男女逆転してるけど、事件などはそのままなのでめっちゃ勉強になる。

この漫画、めっちゃ勉強になります。

その当時の将軍と側用人や老中、起きた事件などがきちんとワンセットで頭に入ってくるんです。

この漫画を読むまで、徳川十五代将軍ってきちんと覚えてなくて、江戸時代に起きた事件などもその事件名は聞いたことあるけど、いつの時代かあやふや・・・みたいな。

そもそも、学生の時に学校の先生に「徳川十五代で覚えておく必要があるのは初代、二代、三代、五代、八代、十五代だけ」と言われ、そりゃあ、間がいろいろ抜けるわけで(汗)。

それが、きちんと全部頭に入ってきます。

特に十代将軍家治と松平定信(この二人はいとこ)と老中田沼意次の関係とか、あやふやだったところがかなりクリアになりました。

15巻は

15巻は十三代将軍家定~十四代将軍家茂へ。

家定と篤姫(この漫画では男性、胤篤)の仲の良さよ・・・

家定 「瀧山」

瀧山 「ははッ」

家定 「何じゃ さっきのは!! 裃じゃ裃!!御台のあれ!!あれは何じゃ!!」

瀧山 「・・・御台様におかれましては これから来る夏に備え 涼しげな裃を身に付けたいとの仰せにございました」

「では 某はこれにて」

家定 「こら待てッ!!」

「・・・御台が 御台がすこぶる良い男振りであったゆえ いかがしたと 言うたのじゃ 私は!!!」

『大奥』15巻より

胤篤が新しい裃を仕立てて、家定と会った時のエピソードです。

本人(胤篤)の前では着物を褒めることもなくスルーでしたが、離れたところで瀧山(大奥総取締)に「すこぶる良い男振りでいかがした」って・・・本当にかわいらしいです。

家定「そなたが好きなのだ」

「やっと申せた・・・」

胤篤「私も上様の事が大好きでござりまする」

家定「うん」

『大奥』15巻より

幼少の頃より味方と言える家族もなく、辛いことが多かった家定。

15巻は幸せなエピソードが多くて、「よがっだよ~」とひとり感動。

後半では和宮の降嫁からの衝撃展開!!

良い意味で予想を裏切られました!次巻は2018年の秋ごろとのこと、どうするの?どうなるの~!?

本日もお読みいただきありがとうございます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする