服の量が少ないと却って買い物は減る

服を減らしてからのほうが、劇的に服を買わなくなりました。
服を減らすメリットについて。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分に必要な服の量が分からなくて買っては溜め込んでいた

洋服をたくさん買って、着ないものも捨てることができなかったころ、何でそんなことになってたのかな~?と思い返してみると、自分に必要な服の量がわからなくなっていたのが原因な気がしてきました。

必要な量がわかっていないから「もしかしたら足りなくなるかも・・・困ったとき(いつだ?)に使えるかも」なんて心配で、お店でちょっといいなと思う服があれば買い、着ない服まですべて取っておいてました。

恐る恐る捨ててみて・・・

地曳いく子先生の『服を買うなら、捨てなさい』を読み、「自分の足を引っ張る服は捨てなさい」というアドバイスに目から鱗で、スタイルが悪く見える服や顔色が悪く見える服等々を捨ててみたところ、意外な事実に気づきました。

「そんなに服の数って、必要なくない?」という事実に気づく。

いらない服も捨てられなかったのは「もしかしたら足りなくなるかも!必要になるかも!」という恐怖心があったため。

そもそも、どのくらい服を持てばいいのかわからなくて「とにかく多めに持っておけ!」という状態になっていました。

少しずつ服を減らしていったら今の暮らしに合った服の量がわかるようになりました。

手持ち服を把握したら得体の知れない恐怖がなくなった。

服を減らす前までは「必要かも?」という理由で服を買ってましたが、今では手持ち服を把握し、一瞬「必要かも?」と感じても「いやいや、持ってるもので大丈夫。」と気づけるように。

無駄な買い物がグッと減りました。

また、捨てる時も「あれとあれがあるから、捨てても大丈夫」と必要以上に心配をしなくなりました。

必要なアイテムや数量を把握して、得体のしれない恐怖とおさらばしました。

本日もお読みいただきありがとうございます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする