「迷わないワードローブ」の構築。『わたし史上最高のおしゃれになる!』

本の感想。『わたし史上最高のおしゃれになる!』小林直子 著

個人的には「おしゃれ」のメソッドというよりは「着る服に迷わないワードローブづくり」のメソッドと感じました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「着る服に迷う」の解決策と感じた

「何を着ていけばいいのか迷う」という問題。

例えば、以前に私が読んだ、山本 あきこさんの『毎朝、服に迷わない』では、著者の山本さんがワードローブで一通りそろえるべきアイテムを挙げ、着回しコーデ例を写真で提示するといった方法でした↓

読書『毎朝、服に迷わない』
本の感想。 『毎朝、服に迷わない』山本 あきこ スタイリストの山本あきこさんのファッション指南本です。 タイト...

「使えるアイテム」ばかりのクローゼットが完成するので、あとは写真のコーデ例通りにとっかえひっかえするだけ。

便利・・・と感じつつも、「必須アイテムに自分が着たくないものもあるな」とか「その日の気候によって写真通りのワードローブは難しいな」などと感じてしまい、そのまま取り入れるのはなかなかハードルが高かったです。

今回読んだ『わたし史上最高のおしゃれになる!』のLesson1の項目、こちらの内容を押さえれば「着る服に迷う」問題が解決できそうと感じました。

Lesson1 「わたし」を決める

Lesson1で語られていたのは

①キャラクターを決める

②シーンを設定する

③メインカラーとサブカラーを決める

④イメージマップをつくる

の4項目でした。

①と②は「服のテイストを絞れ」ということかと。

どんなキャラでいくのか、どんなシーンで着るのかを考えれば服のテイストはかなり絞れます。

また③は「色も絞れ」ということ。

服のテイストを揃えて、色も絞れば、自分の好きなものばかりでもコーデに迷わなくてすむ!とLesson1を読んで、今までなんとなくぼんやりと感じていた「こうすればうまくいく?」みたいな感覚が文章で言われてスッと頭に入ってきました。

漠然と考えていた「色を絞る」メリット↓

コーデの手間を省く!ボトムスのベースカラーを絞ってみる。
服の上下のコーデで悩まないよう、服の色の系統を2色に絞ってみました。買う時も着るときも、選ぶのがぐっと楽になりました。

そして、「服だけでなく靴やバッグ、小物までテイストと色を揃える」という指示。

靴・バッグ・小物は服と切り離して考えがちでしたが、確かに、切っても切り離せないものでした。

「色彩計画を持つ」という考え方が印象的でした↓

自分で色彩計画を立てて、サブカラーとして赤を選んでいるのなら、赤いバッグだろうが、赤い靴だろうが、合わせるのは可能ですし、簡単です。

けれども、自分が集めている色のなかに赤がない場合、もしくは、何か色を集めるという考えさえなく、ただ思い付きで漫然と、その時々の気分で好きな色をすきなだけ買っている場合は、それが赤だろうが、黄色だろうが、どんな色合わせも難しくなるでしょう。

今まで、なんとなく「数を絞れば楽」と思ってきましたが、数もさることながら「色とテイストを絞る」方が悩みが減りそうに感じました。

おしゃれは気楽に

Lesson4のこちらの一文↓

おしゃれが人生でもっとも重要なことではない、かつそれは目的でもないと常に認識することによって、どんなにか心が楽になるでしょうか。

いちばん重要なことではないのですから、人生でもっともエネルギーを注ぐ必要はありません。

エネルギーとは、時間であり、お金であり、労力です。

暇ができるとつい、ファッション関連のネットショップのページなどを覗いてしまいがちだったのですが、「時間とお金と労力・・・大事!!」と気づかされる一文でした。

占星術についてなど、ところどころわかりづらい項目もあったのですが、全体的に「読んでよかった」と感じた本でした。

読後、著者の小林さんのブログを早速ブックマーク。

チープシックに関する記事、すごくよかったです。

本日もお読みいただきありがとうございます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする