高いほうが絶対美味しい?そうでもないさ、食べたいものを食べるのが一番おいしい。

先日、腕時計の電池交換をした日は夫に子供を見てもらい、午前中に歯科で定期健診→電池交換依頼→遅めのお昼という段取りで過ごしていました。

電池交換の話はこちら↓

腕時計の電池交換。時計を長持ちさせるため、パッキンも交換。
時計の電池交換をしてきました。電池交換と同時にゴムパッキンも毎度交換しています。パッキン交換も同時にすることで時計を長持ちさせることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

友人と出かける以外の久しぶりの外食にウキウキ

この数日前から、どうにもインドカレーが食べたくてたまらず。

しかしながら家ごはんでインドカレーの再現は難しく、この日は「絶対インドカレー食べるぞ」と息巻いていました。

ショッピングモールのカレー屋さん。

たしかナンとセットで650円というお値打ち価格(@フードコート)。

初めて利用したカレー屋さん、働いていた時に職場と同じビルにインドカレーのお店があって(地下が飲食店街になっているオフィスビルでした)、よく通っていたのですが、そことほぼ同じ味の野菜カレーで驚きました。

具にカリフラワーやインゲンが入っていたところまで一緒!というかインドの野菜カレーの定番の具なのか・・・(謎です)。

久しぶりのインドカレー、おいしく嬉しく噛みしめました。

安かったけどおいしかった!!

久々に幸せな外食を満喫して、幸せとお値段って関係ないな~とぼんやり思いました。

私は油断すると物の判断に使いやすい「価格」で「価値」を考えてしまうことが多く、「高い=いい」と思ってしまいがちなんですが、やっぱり自分がいま「何を欲しいと思っているのか」「何の質を重視しているのか」を判断基準にしたほうが幸せだと気づきました。

この場合ならきれいなカフェのフレンチのプレートよりも断然フードコートのカレー!!

2倍の価格は2倍いいって、商品価格の内訳見なきゃなんとも言えないはずなのに↓

人は「2倍の価格のものは2倍よい」と考える傾向にあるらしい。ナニソレ怖い(泣)
人は「2倍の価格のものは2倍よい」と考える傾向にある、というネットの記事を読んで。ちゃんと物自体を見ずに「高い物はいいに違いない」と思っていた過去の自分を思い出しました。

何を選ぶにも「価格(プライス)」と「価値(バリュー)」を混同しないことが大切、とカレーでおなか一杯になったところで頭に浮かんだ午後の日でした。

本日もお読みいただきありがとうございます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする