肌にやさしい化学繊維、ベンベルグの夏用インナー着用レビュー。

画像引用元 KID BLUE販売ページ

夏に向けて春先に購入していたベンベルグのカップ付きキャミソール初めて着用してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベンベルグは綿由来、かぶれない。

そもそも、なんでお高め素材のベンベルグを使ったインナーを着用しているかと言いますと、肌が弱く化繊でかぶれるからです。

エアリズムやヒートテックが着られません↓

ヒートテックでもかぶれる私の愛用インナーウェア、無印コットンあったかインナー。
昨年ヒートテックで背中に湿疹ができてしまい、無印のコットンインナーに買い替えました。今年のコットンあったかインナーは綿の割合が下がっているので、綿84%のコットンウールのTシャツを買い足そうかと考えています。
透けない・かぶれない、肌に優しいハーフトップ、ワコールGOCOCi
肌が化学繊維に弱く、ユニクロのエアリズムが着られない私に合う、肌に優しく涼しいインナーを見つけました。ワコールGOCOCiハーフトップブラのレビューです。

ベンベルグの特長

肌触りが良く、湿気をコントロールし、着ている人を一年を通して快適に保ちます。

静電気も逃がします。

旭化成ベンベルグの世界 より

完璧な繊維です。

惜しむらくは・・・お値段が張ります(汗)。

実際着てみての感想

すごくいいです。

さらりとした肌触り、暑い日に着たのにべたりと張り付く感じがまったくありませんでした。

カップの形としてはワコールGocociのタイプの方が好みですが、繊維として素晴らしい。

薄手で涼しく、べたつかず快適でした。

もう1着・・・と行きたいところですが、お値段が私にとっては高めなので、普段はGocociのブラトップで、お出かけの日はこちらで・・・という感じでこの夏着回していく予定です。

普段使いのGococi↓

思い切って購入したKID BLUEのキャミソール↓

現在「インナーこそ、ちゃんとお金を使う」強化月間中。
肌が弱いので、見えない部分ではありますが、きちんとお金を使うようにしています。
本日もお読みいただきありがとうございます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする