Bizoux(ビズー)のタンザナイトネックレスを購入。感想。

Bizouxというお店でタンザナイトネックレスを購入しました。

感想など。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

色味が思っていた色と違っていた

ひさしぶりにやってしまいました(反省)。

お店の商品画像のみで判断して商品購入。

お店の商品画像を見て一目惚れし、しばらくの間、その商品ページをお気に入りに入れていたんですが・・・悩んだ末に購入。

冒頭画像の商品が届いたものです。

色石好きの血が久しぶりに騒いでしまいました。私の色石好きエピソードはこちら↓

「必要な物」ではなく「欲しい物」ばかり買っていたこと
「使わないけど欲しい物」にばかりお金をかけていました。そんな過去の失敗と今後のお金の使い方について。

ちなみに、こちらの商品です↓

こんなブルーにグリーンがかったタンザナイトがあるなんて!と一目惚れ。
ちなみに同じお店の同シリーズの別のネックレス・・・こちらはより一層ブルー↓

実際に届いて、石を見た最初の感想は「・・・普通に紫」でした。

色石は実物確認が大切

青寄りのカラーを期待し過ぎました。

タンザナイトと言えば菫色というか青みのある紫色という認識。

ある意味通常のタンザナイト。

グレーがかった薄い紫色でした。

お店のサイトでは、画像左側の石を使用↓とのことでしたが、色味はほぼ、画像右の石(一般的なタンザナイトの方)です。

画像引用元:http://www.bizoux.jp/fs/bizoux/P7101706-8_BX

こちらのお店は実店舗があり、実店舗へ行けばルース(石)を選べます。

おそらく、青の色味が強く出ている石もあったのでしょう。

行ける範囲内に実店舗はあったのに、なぜその手間を惜しんだ自分(猛反省)!!

教訓!現物見れるときは現物見に行こう。

「普通にうす~い紫色」という点でかなりがっかりでしたが、しっかり見てみると内包物も無く、カットも美しい石。

「バイカラータンザナイト」と謳っているだけあって、よ~く見てみると、角度によって少しカラーが変わります。薄い紫~ピンクがかった紫、グレーっぽいグリーンのような色と多彩です。

石は悪くない、悪いのはお店で石を選ばなかった(そして青を期待しすぎた)自分。

実際、お店の対応もラッピングも完璧でした。

カラーストーンに色のバラつきがあるのは当たり前。お店の写真だけ見て購入を決めた自分にひたすら「喝!」です。

久々に大失敗の買い物をしてズドーンと落ち込みましたがこれも勉強。次回の買い物に活かします。

思っていた色とは違ったけれど、今回私のところに届いた石、マジックアワー(夕暮れや夜明け前の空)を彷彿とさせる色。せっかくのご縁なので、大切にしたいと思います。

本日もお読みいただきありがとうございます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする