モノを手に入れるときは手放すときの方法を考えてから

いらないものを処分し始めてから、モノを購入する際、手放すときのことを考えるようになりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

捨てるのが億劫なものを、新たに購入しない。

実家にいた頃は、モノを捨てるのが苦手でした。

モノを処分するようになって、「あの当時、何で処分できなかったのかな~」と考えてみたら、処分し辛さがその原因ではないかと。

「このビン、分別だと何ゴミになるの?」みたいな化粧品のビンとか、ちょっと捨てるのが億劫なゴミを、「後で捨てよう」と溜めたりとか・・・OH(溜め息)

ゴミの廃棄を先送りしても、ゴミは無くならないというのに。

今となっては分別の面倒そうなモノには、そもそも手を出さなくなりました。

香水とか、昔は大好きでしたが、あの使い切りにくさ、捨て辛さよ!

もう、お店で愛でるだけ、香り物はお茶とかボディケア製品とか、容器が複雑でないもの、使い切りやすいもののみ取り入れることにしています。

化粧品も基本プラ容器(なんなら詰め替え用有り)のもの一択です。

洋服、アクセサリー、バッグ、靴は宅配買取の取り扱い対象か、購入前に確認する。

以前はリセールバリュー(中古での価値)を全く気にせずに持ち物全般、購入していました。

現在は買う前にちょっとだけ、ブランディアやzozousedの取り扱いがあるか、調べます。

また、中古でどのくらいの価格になっているのかも、余裕があれば調べるようになりました。

リセールバリューはないけれど、どうしても購入したいものは、最悪ゴミとして捨てることを覚悟して買う。

プチプラアクセサリーとか、ノンブランドの服とか、どうしても欲しい時は、手放す際、最終的に捨てる覚悟をもって手に入れます。

何でこんなことになっているのかというと、私は物を手放す際、売ったり譲ったりには抵抗がないのですが、ゴミとして捨てることにはものすごく抵抗があるからです。

ゴミとして捨てるのはあくまでも最終手段にしたいのです。

なので、お安い(リセールバリューのない)物ほど、購入時に迷います。

結果、多少、無駄遣いの抑止力にもなっている気がします。

新品時の価格とリセールバリューがかけ離れているものも、できれば買わない

宅配買取を利用するようになって、気づいたことなんですが、一部の結構お高めブランドの服やバッグで、新品購入時は結構高価なのに、リセールバリューが恐ろしく低い物、というのがあります。

これは、本人的にだいぶガッカリなので、できるだけ、手を出さないようにしています。

例えば、新品時1万2千円のカーディガンが買取価格10円とか、8千円のカットソーが1、2回着ただけでも、買取価格10円とか。商品状態に関係なくです。

そういうブランドは、そのことに気づいたら買わないようにしています。

どうしても欲しい場合は覚悟の上で購入します。

最後に

購入時に手放す際の方針を決めておくことで、手放すのが少し楽になってきました。

また、手放すことを考える前に、そもそも必要か?のところもきちんと考えるようにしたいと思います。

本日もお読みいただきありがとうございます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする