小松菜奈の疾走が美しい、映画「恋は雨上がりのように」感想。

映画「恋は雨上がりのように」を観てきました。

すごくいい映画でした。感想など(少しネタばれ含みます)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

人気コミックの映画化

こちらの映画、人気コミックの映画化です。

ちなみに原作漫画はこちら↓

ヒロイン役の小松菜奈さん、原作のイメージにぴったりでした。

店長を見つめているときの目とか原作通りで(ヒロインは「好き♡」と見つめているけど、店長は「ゴミを見るような目で見られてる」と感じているシーンとか)、ストーリーも原作にそっています。

 音楽がイイ!

主題歌(フロントメモリー)のMVはこちら。このMVも大好き↓

疾走する小松菜奈さんが角を曲がるとき「ずざーっ」ってなるのがカッコイイです。

主題歌も好きだし、劇中の音楽も良かったです。

あと、上のMVで見られるのですが(2:13くらい)、

・興味ない男性(職場の同僚)との待ち合わせの時の服→「空手チョップTシャツとビーサン」

・大好きな男性(店長)との待ち合わせの時の服→「白いワンピースにブルーのきれいなサンダル」

ヒロインの服のギャップがツボでした。

興味のない男性と会うときの服装、雑過ぎ!

女の子が自分に気があるかどうかは1対1で会った時の服装を見ればわかりやすいんですかね。

ちなみに男性が女の子に気があるかどうかは二人で会うときに自分が相手側に出向くのか、呼びつけるのかの違いかな~と思っています。

「二人で会うときに必ず相手を呼びつける人は相手の女の子のことをさほど大事に思ってない。」というのが私の持論です(超個人的見解)。

大泉洋さんも清野菜名さんもイイ!

店長役の大泉洋さん、良かったです。

冷えピタと共に風に飛ばされるシーンは圧巻でした(わかってたのに笑ってしまった)。

そして、今期の朝ドラでも活躍の清野菜名さん。この映画でもヒロインの親友役。ヒロインをバックアップする素敵な親友を好演されてました。

まとめ

最後にひとつ謎なのは、こんなに紳士的(ヒロインに対してめっちゃ紳士!こんな男性いるのかと驚きが隠せないほど)で他者への思いやり溢れる店長がなぜバツイチなのか・・・こんないい人、奥さん絶対手放さないと思うのだけれど。

久しぶりに観た映画で元気をもらいました。

「恋は雨上がりのように」お勧めです!

本日もお読みいただきありがとうございます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする