金持ち父さんの『こうして金持ちはもっと金持ちになる』感想。

有名な「金持ち父さん貧乏父さん」シリーズの最新作です。

思えば、維持管理費高めの憧れだった時計を手放したのは『金持ち父さん貧乏父さん』を読んで「自分のポケットにお金を運んできてくれるものが資産、自分のポケットからお金を出させるものは負債」という文章がきっかけでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

貯金は負け組という煽り

すべてのインタビュアーが、お金を貯めることは知性的で賢い行動だと考えていた。私が「貯金する人は負け組だ」と言うと、彼らは皆たじろいだ。

「貯金=負け組」の煽りがすごかったです(これはこの本に限らずシリーズ最初からだったか)。

確かに預金金利は微々たるものだし、年々お金の価値は目減りしていってる(同じ金額で買えるものの量が減ってきている)のはわかります。

「なんだかんだ言ったって銀行預金が一番安心安全」と投資に及び腰だった私が、投資関連の本を読んで投資を始めたのも最初のきっかけはこちらの『金持ち父さん貧乏父さん』がきっかけだった気がします。

端的に言って「金持ち父さん貧乏父さん」シリーズは「お金持ちをズルいと言って非難するだけじゃなくて、自分で税金や投資の事をちゃんと勉強して自分もそういうことを始めなさい。お金持ちはそういうとこめんどくさがらずに勉強してるよ!」と言っている印象です。

考え方は好き

実際にこの本のような不動産投資をするかどうかは置いといて、この筆者のロバート・キヨサキさんの考え方は好きです。

楽しくない経済学

多くのお金の専門家が同じことを言う。「懸命に勉強して、懸命に働き、税金を払い、収入に見合った生活をして、貯金をし、家で食事をし、請求書を支払い、無借金生活をし、車は安いのにしなさい」

私はこれを「楽しくない経済学」と呼んでいる。

資産を増やすために「質素・倹約」を旨とするか、「がっつり稼いで買いたいものを買う」という考え方の違い。

江戸幕府で言うなら松平定信 VS 田沼意次 というところでしょうか。

私も、支出を減らして減らして・・・よりは所得を増やす努力のほうが楽しそうに感じます。

物を理解するための時間を買う、ということ。

金持ち父さんの教えの一つに「買って、調べて、不要なら手離す」がある。

金持ち父さんは言った。「多くの人は考える時間、理解するための時間を買おうとしない。」

この考え、驚きでした。

物を買うときに支払うお金は「その物自体の対価」という考えだったのですが、金持ち父さんにとっては、物の代金とは、「どんなものか調べるための時間を買うために支払ったもの」、だと。

とても面白いと感じた考え方でした。

そういう考え方なら、「失敗した」と感じるお買い物でも、「自分に合わないものだとわかった、調べるための時間を買った」と落ち着いて言えそう。

ポジティブ!!

まとめ

借金して不動産投資をして云々~という具体的な方法を実践するかは置いておいて、単にお金持ちのマインドを知るための本としても、この本は読んでいて勉強になると感じました。

本日もお読みいただきありがとうございます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする