普段使いの歩きやすい靴。リゲッタカヌー。

リゲッタカヌーの靴、2足。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

普段、主に履いている靴、リゲッタカヌー。

現在、専業主婦のため、とてもカジュアルな靴を主に履いています。

その中でもリゲッタカヌーを愛用中。

リゲッタカヌーとは

「指先に少し力を入れるだけで、蹴り出す力をサポート」や「つまづきにくい」など、
日本の下駄の歩きやすい構造に、ドイツ靴の機能性やイタリア靴の洗練されたデザイン性を
融合させ、「GETA(下駄)」を「Re:(もう一度)」という発想から
「Re:getA(リゲッタ)」と名づけられました。

(メーカー公式サイトより)

ヒールがこのように湾曲しております↓

その特徴的なフットデザインで、かかとの着地から蹴り出しまでの一連の「歩く」
という流れを快適にサポートし、自然と正しい歩き方を学ぶ事が出来ます。

(メーカー公式サイトより)

昨年、サンダル(写真右側)を購入し、あまりにも歩きやすかったので、夏以外の用途の靴も欲しくなり、スニーカータイプ?(写真左側)の靴も購入してみました。

個人的にはワイズ周りが少し大きく(サンダルは調整ができる)、サンダルほどの歩きやすさではなかったのですが、普段の外出はもっぱらこちらの靴を履いています。

難点はサイズがS・M・L・LLと4種類くらいの大まかなサイズ編成&靴によってもサイズ感が違うため、いいなと思う靴があっても、自分にピッタリサイズが見つからない時があること。

また、現在手持ちのスニーカータイプは合皮なので、あまり長期間の使用は期待できないこと。

次はスリッポンを狙っています。

リゲッタ以外の靴

ちなみに、リゲッタ以外の靴はというと。

左からマーガレット・ハウエル アイデア(茶色)、スペースクラフト、keyucaリボンバレエシューズ、HUNTERのレインシューズ。

働いていた時はもっぱらこちらの靴をローテーションで履いていました。

HUNTERのレインシューズは雨の日のみ。

今も、雨の日はこちらのレインシューズにお世話になっています。

また、よそゆきなお出かけ時にはリゲッタではなくHUNTER以外の3足のどれかを選んで履いています。

きれい目の靴はこれらで間に合っているので、次、靴を買い替えるとしたら、リゲッタのスニーカータイプからスリッポンタイプへの買い替えくらい。

当分それ以外は現状維持の予定です。

本日もお読みいただきありがとうございます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする