遮光100%。芦屋ロサブランの日傘を使ってます。

昨年から遮光100%の日傘を使っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

信頼のおける日傘が欲しくなって

昨年の夏、芦屋ロサブランの日傘を購入しました。

それ以前まで使用していた日傘は、遮光99%を謳ったもので、ご近所で購入したもの。

これが、どうにも薄く、頼りなく、強い日差しの下で使うと熱い。

時間の経過とともに遮光力も下がるという情報をテレビで見たこともあって、新しい日傘の購入を考え始めました。

ネットで調べた結果、半永久的に遮光力が落ちない日傘を発見

芦屋ロサブランの日傘は、遮光力が落ちないそうです。

他の日傘や帽子によく使われているUVカット加工処理生地は紫外線吸収剤や反射剤の処理により遮光性を持たせていますが、もともとわずかなカット率の上、使用するごとに低下します。
この完全遮光生地は、生地そのものの素材により100%遮光を実現しているので、雨にぬれて遮光性が落ちるという心配はありません。
また汚れたり摩擦しても遮光率は落ちません。生地が破れない限り半永久的に性能をキープ。

楽天市場芦屋ロサブラン販売ページより

こういうのを探していました。
遮光が落ちてしまうから2年ごと買い替え~とか、できない!というかしたくない!!

で、ネイビーとホワイトの爽やかツートンカラーの日傘を入手しました。

このタイプ↓です。

本当はお葬式&法事にも使える真っ黒を求めていたのですが、売り切れでした(当時7月、完全に出遅れた)。

黒を待って来年 or ネイビーで今年から遮光100%、さあ!どっち?となりまして、アラフォーという年齢もあり、一刻も早く、紫外線を防ぎたいと、ネイビー&ホワイトを購入いたしました。

実際使ってみて

実際に使用した感想を。

良かった点。

遮光が完璧です。

裏は真っ黒で照り返しも防ぎます。

今まで使っていた日傘は何だったの?と驚くほどに日差しを防いでくれました。

見た目もネイビー&ホワイトは爽やか。

遮光100%だからと言って、取り立てて変わった風でなく、ぱっと見完全に普通の日傘でした。

次に、残念な点。

遮光のために布地が大分厚いので、畳むのが大変。

また、同様に布地が厚いため、重さがあります。

ちなみに、今まで持っていた普通の日傘は120g、ロサブランは255g(いずれも自宅で計量)と、倍近い重さの違いがありました。

左が普通の日傘、右がロサブラン。生地の厚みが違います。

最後に

凄く頼りになる日傘です。

畳み辛くても、少し重さがあっても、そこは遮光100%と引き換えと思えば苦になりません。

今年の夏も芦屋ロサブランの日傘にお世話になります。

本日もお読みいただきありがとうございます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする