『3月のライオン』14巻 感想

『3月のライオン』最新刊の14巻発売しました。

『3月のライオン』が好きです。

元々、羽海野チカ先生の漫画が好きで、『ハチミツとクローバー』も愛読しておりました。

新連載が「将棋漫画」と判ったときに「将棋詳しくないけど、読みたいな~」で読み始めましたが、将棋詳しくなくても、すごく楽しめる漫画です。

人が物事に取り組む際の姿勢とか、とても学ぶところの多い漫画です。

以前、「3月のライオンカフェ」にも入りました↓

3月のライオンダイニングへ行ってきました。
越谷レイクタウンの期間限定カフェ「3月のライオンダイニング」へ行ってきました。メニューや感想など。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

林田先生にドキリ。そして・・・

今回、林田先生が島田八段に「あかりさんの事どう思ってますか?」とド直球で切り込むシーンがあって(144話の最後の最後で)、単行本なのですぐ次(145話)が読めるのですが、雑誌(ヤングアニマル)の方で読まれてる方は続きが気になって仕方なかったのではないか・・・と余計な心配をしました。

この林田先生の問いに対する島田さんの答えが大人ならではというか・・・「そうよね、社会人だと恋愛に割けるリソース、学生の時よりガツンと減るよね・・・」という妙に納得するものでした。

ハチクロが帰ってきた!

そして、今回、巻の後半では、ハチクロメンバーが登場します。

藤原デザインメンバーwith花本先生!!

山崎さんと美和子さんが相変わらず「おしゃれ番長バトル」(美和子さんがだっさい服を探してくる→山崎がおしゃれに着こなす)が繰り広げられてたり、山田さん・はぐちゃん・理花さんが仲良くしてるシーンがあったりとハチクロファンとしてとても嬉しかったです。

表紙のひなちゃんは文化祭のカフェのコスプレです。

とってもかわいい。

本日もお読みいただきありがとうございます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする