暴落時はキャッシュを持ってじっとしてます。

クリスマスの株価の下げ、すごかったです。

3,000円で買ったJTが2,500円くらいに・・・(涙)。

ただ、ここの配当金は政府の財源になってることもあり(筆頭株主は財務大臣)、無配になるリスクは限りなく低いと考えており、正直「きっちり配当金さえもらえればいいや」と思ってます。

そして、菅官房長官が「携帯料金は4割下げられる」と発言した際に暴落し、そこでゲットしたKDDI株はあっという間にプラスの価格に戻りました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

株価暴落時にJリートは?

私はJリートも持っているのですが、さすがに暴落時には一緒になって値下がりしたものの、こちらもあっという間に暴落前の価格水準に戻りました。

今回、改めて感じたJリートの良さは

・分配金がもらえる安心感

・株ほど値下がりしない安定感(半額~下手したら十分の一とか、株だとあり得ますがリートはない)

でしょうか。

Jリートを始める前は、「Jリートって結構価格変動があるな」という印象だったのですが、その後個別株の価格推移を見るにつけ、「意外とJリートって株に比べるとボラティリティが低い」という印象に変わりました。

暴落時はキャッシュを持って待機

いつもチェックしている広瀬氏のTwitter。

「休むも相場」とおっしゃられているので、キャッシュを持って待機しておこうと思います。

暴落時に2018年残りのNISA枠で少しS&P500連動のインデックスファンドを買い足したのみで静観。

年明けも、当分の間は様子見をしようと思います。

本日もお読みいただきありがとうございます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする