ピルで生理日をずらす試み。プラノバールを飲んだ結果。

以前に「生理日をずらしたい」という記事を書きました。

生理日をずらしたい。プラノバールを利用することにしました。
お正月、元日は必ず義実家に行くことになっています。 ほぼ、昼~夜まで滞在するので、できれば生理になるのを避けたいと毎年考えてい...

今回はこの記事の続きになります。

プラノバールの使用を考えている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

病院で処方されたピル(プラノバール)を飲む

生理開始予定日の5日前から飲み始めました。

一粒が非常に小さい錠剤なので飲むのは簡単。

初めてのピルだったので、副作用について非常にピリピリしてましたが、飲み続けられないほどの作用はありませんでした。

かろうじて、飲み始め初日に少し気持ちが悪くなったくらい。

その後は普通に一日一錠飲んでも、体調の変化は感じられませんでした。

2週間飲み続け

そのまま、2週間飲み続け、その間に生理にはらなず(まぁ、当然)。

摂取を止めた3日後に生理になりました。

感想

「自分の都合ではどうにもならない予定(旅行・会議・etc)がある」という方には一考の価値がある生理日のずらし方だと思います。

今回心配していたのが「生理日を薬でずらせたとして、その間ずっと体調が悪いのでは意味がない」ということでしたが、それも無く。

多少お金がかかりますが、2週間分くらいなら診療費+薬代で4,000円ちょっとくらいなので、そこまで負担にもなりません。

個人的にはもっと早く試してみれば良かったなと感じました。

以上、プラノバールで生理日をずらした感想でした。

本日もお読みいただきありがとうございます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする