本の感想『シーソーモンスター』伊坂幸太郎著。

本の感想。

『シーソーモンスター』伊坂幸太郎 著。

久しぶりの読書感想です。

内容は2部構成で、前半の「シーソーモンスター」と後半の「スピンモンスター」に分かれています。

最後まで読んで知ったのですが、この本は中央公論新社130周年を記念して発刊された『小説BOC』の「螺旋プロジェクト」の1作のようです。

「螺旋プロジェクト」は複数の作家さんであるルールを基に古代から未来までの日本を舞台に描かれた競作企画、とのこと。

この中の「昭和後期」と「近未来」が伊坂さんの担当だったようです。

ちなみに「昭和後期」は「シーソーモンスター」、「近未来」は「スピンモンスター」となっており、この2作品の間に「平成」の『死にがいを求めて生きているの』(朝井リョウ 著)が入る模様。

ルールのある企画物ですが、冒頭から伊坂作品らしく、夫が同僚に自分の妻と母の嫁姑問題を愚痴るところから始まって、その後、「妻の元の職業がスパイ」という事実が明るみになり、一気にお話が剣呑な方向へ舵を切るという・・・この急に剣呑になる感じ、好きです。

義母が嫁を助けに来て「あのね、うちの嫁に何してくれるのよ」というシーンが好き。

後半の「スピンモンスター」では前半で嫁だった都さんがおばあちゃんになって登場します。

「ちょうど動けなく?」

「関節を外されたのと、あとは、顎を打たれて失神だ。意識が朦朧としているんだろうな、そいつらは婆さんにやられたと思ってるらしい」先輩が笑う。

「おばあさんですか」

「その絵本作家だよ。そんなに手ごわい婆さんがいるなら、スカウトするっての」

「ですよね」絵本を書かせている場合ではない。

おばあちゃんになっても強かった・・・。

久しぶりの伊坂作品、楽しく読めました。

2作品の間に入っている朝井リョウさんの本も読んでみたいです。


本日もお読みいただきありがとうございます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク