REXカードとMUJIカード。支払いをカード払いにする理由。

皆様、お買い物のお支払いは現金派?それともカード派?

節約や家計管理のブログでよく見かける「現金で支払うとお金が出ていく痛みで支出が減る~」とか「カード払いにして賢くポイントを~」とか。

現金払い、カード払いのそれぞれの良いところについての情報が溢れる今日この頃。

ちなみに私はカードが使えるところではすべての支払いをカード払いにしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

使っているカード2枚

メインカードはREX CARD Lite

サブカードはMUJI Cardです。

私がカード払いにする理由

・1歳の子供抱えてお金を下ろしに行く手間を省くため

・支払いをスムーズに済ますため

・ほぼカード払いにすることによって、カードの使用明細で当月の支出を確認するため

・ポイントが1.25%還元されるため

以上4点でしょうか。

1歳児抱えてお金を下ろしに行くのが正直大変です。やらないで済むならそれに越したことはない。

支払いもカードを出すだけで済むので楽。

カード払いだと支出は増える?

「カード払いだと支出が増える」という話をよく聞きますが、私はあまりそれを感じません。支出が増えるか増えないかは本人の買い物に対する姿勢の問題と申しましょうか。

私はカード払いでも特に買い物が増えるということはないです。

カード会社の明細(ネットで確認)で何にいくらくらい使ったかわかりますし、さらに最大のカード使用の理由ポイント!

私の使っているREX CARD Liteというカードは、毎月の使用金額に対してポイントが1.25%付与されます。

大抵のクレジットカードのポイント還元率は0.5%くらいなので、高還元率のカードの部類に入ると思います。

勝手に貯まるので「ポイントのために買うぞ~」ともなりません(ここ重要)。

ポイントが商品交換でなく、次回利用分からの値引き。

このポイント、何か別の商品と交換とかではなく、請求金額からポイント分が値引きしてもらえるので(2,500ポイントごとで次回カード利用料から値引きするJデポに交換)、ポイントで交換するモノの選定などする必要もなく、大変便利なシステムとなっております。

LiteでないREX CARDもあるのですが、こちらはポイント還元率1.5%の代わりに年間使用額が50万円以上でないと年会費が2,500円かかってしまいます。

「年会費払わないために使わなきゃ~」というのは本末転倒なので私はLiteを利用しています。

メイン以外のカード

メインはREX CARD Liteですが、メイン以外にもう一枚、MUJI Cardを持っています。

無印良品のお支払いはこれ1本。

というか、無印の支払いのためだけに持っています。

こちらは良品週間は10%オフ(MUJIパスポートが面倒なのでこちらで)、そしてセゾン系列なので、ポイントは永久不滅ポイント。

無印の支払いだけに使用、と使用頻度が少なくても、ポイントの期限切れ等に気を遣う必要がありません。

また、所持しているだけで年間1.000ポイント(500×2回)もらえます。

こちらのポイント、使用期限が付与から1ヶ月程度なので、欲しい服や雑貨があるときにはそちらの割引に、何も欲しい物が無い時はお菓子に変わります。

先日は無印良品でデニムを購入する足しにしました。

ボーイフレンドデニムを買い替え。ユニクロと無印を比較。
昨年GUのボーイフレンドデニムを購入するも、股上のハイライズな感じに違和感が。今年買い替えるべく、ユニクロと無印良品の商品を試着し比較してみました。

クレジットカードで重要視していること

私がクレジットカードを選ぶ上で重要視していること。

・所持するのにコスト(年会費)がかからないこと

・ポイントのために買い物してしまうようなシステムでないこと

・高還元率であること

・貯まったポイントが商品と交換というシステムでないこと

(ポイントと交換する商品を選ぶ手間を省きたい、また、うっかりいらないものをポイントと引き換えに我が家へ入れないため)

上記の条件をすべてクリアーしているREX CARD Lite、これからもメインカードとしてお世話になる予定です。

※REX CARDの還元率が1.5%→1.25%に改定、Liteの新規申し込みを停止で、REX CARD自身がLiteのサービスになるようです。

以前はREX CARDの還元率は1.75%だったんですが・・・

最近高還元率のカード減ってきましたね。

本日もお読みいただきありがとうございます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする