全く脱げない!靴下屋のフットカバー

画像引用元 ユニクロ公式HP

スポンサーリンク
スポンサーリンク

常にフットカバーがかかと側半分脱げる呪いにかかっていました。

足の形が悪いのか、フットカバーが脱げなかったためしがありません。

無印のかかとに滑り止め的なものがついているのでも、やっぱりダメ。

ですが、ボーイフレンドデニムやガウチョなど、足首を出すボトムスにバレエシューズなどを履くとき、ショートソックスは変だし、下にストッキングは穿きたくないし、素足では靴擦れが心配。

冒頭画像、左から2番目のパンプスにショートソックスのコーデ、一般人には難易度高くないでしょうか?

昭和生まれの30代にとって、パンプス+ショートソックスは女の子(小学生)だけが許されるファッションという印象があります。

画像引用元 ユニクロ公式HP

ユニクロのガウチョ+パンプスの画像ではモデルさん、素足のように見えるのですが・・・靴擦れとか平気なの?素足にパンプスは蒸れないの?等、疑問は尽きません。

アンクル部分にストラップのあるフットカバーを偶然発見

フットカバーは何を使っても脱げる、素足でバレエシューズやレインシューズを履きたくない!!

困り果てていたら、こんなものを発見しました。

ストラップのついたフットカバーです。

足首部分にストラップがあるフットカバーです。写真で見ると結構な使用感が(汗)。

こちら、全く脱げません。

ちなみに着用するとこんな感じです↓。

着画。お見苦しい画像で申し訳ありません。

さらに、靴を履くと下記画像のようになります↓。

フットカバー着用&手持ちのバレエシューズ着用。

今まで、フットカバー+バレエシューズやフットカバー+レインパンプスの時には、もう、駅まで歩く間に何度脱げるの???ってくらいに踵から脱げていたものが、まっっったく脱げなくなりました。

見た目的にもパンプス+ショートソックスのような違和感無し!(自分比)

靴下屋さんに感謝しております。

正式名称は「サンダル風カバーソックス」だそうです。

※2017.9/23追記

靴下屋のフットカバーからGUNZEのTucheに買い替えました↓

フットカバーを買い替え。GUNZEのTucheは脱げなかった。
フットカバーを靴下屋のストラップ付の物からGUNZEのTucheに買い替えました。ストラップなど何もついてないのに脱げにくくてお勧めです。

本日もお読みいただきありがとうございます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする