白い革製品のお手入れにサフィールを使っています。

白い革小物の補色に、サフィールを使っています。

画像はサフィール レノベイティングカラー補修クリームです。

サフィールとは

1920年に誕生したサフィール(Saphir)は、今ではフランス製の一流シューケア・レザーケアブランドとして認知されています。
皮革のケアと補修用品の品質についての世界的なリーダーとして、伝統的な製造工程とプレミアム品質の原料を適切に調合することにより、サフィール製品はあらゆる種類の革の保護と美しさを保つためのクオリティーブランドとして世界5大陸の65カ国以上で広く愛用されておます。

サフィール公式HPより

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サフィールはカラーが豊富

皮革ケア製品の一流ブランドというのもさることながら、お勧めしたい点はと言えば、そのカラーの豊富さです。

以前、ミニ財布の記事で大きさの比較のために載せたカードケース。

旅行用&冠婚葬祭バッグ用のミニ財布
旅行や小さいバッグの時用のミニ財布の紹介記事です。ベーシックなつくりでとても軽く、シンプルなので気に入っています。

文庫革と言って、白なめし革に漆が塗られたものなのですが、擦れると白が剥げてきてしまいます。

画像右側のカードケースが文庫革です。

こちらのメーカーさんは良心的なメーカーで、彩色(色付けされた部分)が剥げてしまったときには「彩色直し」と言って、色の塗り直しをしてくださるのですが、白い革の部分が剥げてしまうと補修するのが難しいらしく。

やはり、折り返し部分やヘリの部分は消耗が激しいので、少しでも擦れを見つけたらクリームを塗るようにしています。

白系の色、比較しました。

このパスケース、地の白革の部分が真っ白ではないので、普通の白いクリームを塗ると塗った部分が目立ってしまいます。

なるべく塗っても目立たないカラーをと探していた私、サフィールのカラーの多さに感激しました。

白からベージュっぽいカラーが本当にたくさん。

ホワイト、オフホワイト、エッグシェル、ガル、バーチ、スモーク、クリーム・・・多っ!!

感動のカラー見本紙

私が注文した楽天市場のショップはカラー見本紙というのを送ってくれるサービスがあり、あらかじめ、指定した色を見本の紙に塗って送ってくれるという・・・これなら塗りたい品とクリームの色を直接比較できます。

色見本で検討した結果、オフホワイトを購入しました。

水や擦れに強いらしく、擦れた部分に少し塗って乾かし、後から軽く乾拭きするとその部分の保護にもなりそうです。

今後も長く使うために、小さい擦れのうちにクリームを塗って、大切に使っていこうと思います。

パスケースは文庫革のお店、文庫屋大関さんのSIENA別注品です。

本日もお読みいただきありがとうございます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする