6月の行楽コーデと道を訊かれること。

今回、コーデ画像を冒頭に載せていますが、「頻繁に道を訊かれる」という業についての考察というかボヤキ?の記事となっております。

6月、鎌倉へ友人と日帰り旅行へ行った時のコーデです。
柄シャツ、ボーイフレンドデニム、大き目トートバッグ、というスタイルでした。

服などについては過去記事に記載あります。

セール前に総点検。手持ちの夏トップス何着あるのか?
夏のトップス。何着あるのか数えてみたら、ものすごく多かった。今年の夏、夏物を買う必要はまったくなさそうです。
主婦の初夏から真夏のボトムス4着
今年の夏に着る予定のボトムス4点(パンツ2点、スカート2点)のご紹介です。
時々使うバッグ4種
以前に普段使いするバッグについて記事にしたので、今回は普段使いしないバッグについて記事にしてみました。旅行用バッグや冠婚葬祭用バッグのご紹介となっております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

道を聞かれること、店員に間違われること。

私は過去から現在に至るまで、めっちゃ人から道を訊かれてきました。

その場に私一人というならともかく、人がたくさんいても、なぜかピンポイントで私が訊かれます。

先日の鎌倉旅行でも、もちろん道を訊かれました。

なんだかその後気になって、「道を訊かれる 特徴」なんてワードで調べたら・・・出てくる出てくる・・・特徴。

そして驚いたことに、よく道を訊かれる人は店員に間違えられる率も高いそうで。

先日の鎌倉では、道を訊かれるのはいつものことと気にしていなかったのですが、とうとう店員にまで間違われてしまいました。

その時の服装が冒頭のコーデです。

柄シャツ+ボーイフレンドデニム(裾ロールアップ)+デカトート+ガラスネックレス。

「このお店何時までやってます?」って2回訊かれました(1回目はスルーした)。

WHY!?

店員要素(きれい目白シャツとかエプロンとか)ゼロだったのに(涙)。

その後店員でないことに気づかれたのか「あ、あなたお客さん?」と小さく驚かれました。

人種や老若男女問わず道を訊かれる

思えば、地元はもちろん、職場周辺、観光先でもしょっちゅう道を訊かれてきました。

思い出した一例。

・池袋で外国人に英語で駅までの道を訊かれる

(英語を勉強する理由に「英語で道を訊かれたときのため」ってあるけど、訊かれないよね~って話を聞いた後だったので、いやいや、訊かれるぜって思ったのを覚えています。)

・池袋駅でインド人に道を訊かれる(しかも教えたら「そっちは違うと思います」と反論され、たどり着くまで信じてもらえなかった。着いたらお礼を言われたけれど、なんか釈然としない)。

・観光に行った秩父のお祭りで、おみこしのルート&「毎年すごいんですか?」と訊かれる(なぜか地元民認定されている)。

・神保町で中高年のおじさまに古本屋街の場所を訊かれる(人はたくさんいるのになぜか自分に来る)。その後さらに「品揃えはどんな感じですか?」と訊かれる(なぜか常連認定)。

・高尾山で年配夫婦に山の中腹辺りでロープウェイ乗り場について訊かれる(だいぶ下の方ですよ!?)

・神田駅でビジネスホテルを探しているOLさんから道を訊かれる。

・職場のビル街でランチミーティングを終えてお店を出たら、職場の人はたくさんいたのにピンポイントでビル内の診療所の位置を訊かれる。

・京都では外国人(中国系、欧米系問わず)にめっちゃ道を訊かれる。あまりの訊かれっぷりに同行していた母が引いていました。

後で、「なんで皆さんあなたにバンバン話しかけてくるの?」と訊かれましたが、「うん、ナンデダロウネ・・・」としか答えられず。

軽く思い出しただけでもこれだけ訊かれています。

そして、先日は鎌倉でおば様方に「鎌倉駅どっちですか~?」と訊かれました。

どの場面でも、大抵私の周りには人がたくさんいて、なのにピンポイントでこっちに来るのはなぜなのか?

ネット検索→特徴を読んでちょっと落ち込み

ネット検索して、特徴を見てみたら、身も蓋もないというか、ちょっと落ち込む特徴が。

・隙がある

・暇そう

隙だらけで暇そうなんですか、そーですか(落ち込み)。

「道を訊かれる ブス」なんて検索ワードもあって、もう、ワードだけで落ち込みますよ?

ただ、ワタクシ、目の不自由な方からもけっこうな頻度で道を訊かれています。

なので、容姿だけの問題でも無いような気がするのですが・・・なんかそういう空気(?)を醸しているのでしょうか?

ネット検索では「道を訊かれる オーラ」とか「道を訊かれる 運気」なんてキーワードも出てて、なにやらスピリチュアル。

納得した特徴としては「隙だらけ」だったので、今後はもう少しキリッとした顔で道を歩こうと思います。

本日もお読みいただきありがとうございます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする